アブダビGP後のアロンソ・マッサのコメント

フェルナンド・アロンソ(決勝7位)
「シーズンが終わり、最後の最後でタイトルを逃すなんて残念だけど、これがレースだし、これがスポーツなんだ。今日は、スタートから戦略まで全てが間違った方向に進んだ。後から思えば、あんなに早くピットに入らなければよかったけれど、全ての事実を知った後でなら何とでも言えるよ。でも、簡単な決断ではなかったことは間違いないよ。レッドブルとドライバーたちにはおめでとうと言いたい。シーズンを通して、彼らは僕たちを上回るものを少し持っていたし、今日のポジションにふさわしいよ。何日か前に言ったように、それでも最高のシーズンだった。非常に厳しい時期が数ヶ月あり、チーム内に驚くような雰囲気があることに気付いた。今は少しさみしいけれど、数時間のうちにクリアな頭で自分たちが達成したことが素晴らしいことだと理解し始めるだろうね。結束と決意を持って、これを続けなければならない。来年は、勝利するという同じ望みや、フェラーリの血統の中で素早く学んだものに直面する必要がある。クルマを改善し、ドライバーやチームなど僕たち全員がシーズン中に犯した過ちを二度と繰り返さないように保証しなければならないんだ」

フェリペ・マッサ(決勝10位)
「今回のレースの成り行きには本当にがっかりしているよ。早めにピットに入ってウェーバーの前に出ようとしたけれど、それができず、僕もフェルナンドもレース中ずっとトラフィックにつかまった。残念ながら、僕たちの前にいたクルマはストレートラインでとても速かったから、オーバーテイクが不可能だった。こんなに素晴らしい開催地なのに、オーバーテイクがこれほど難しいなんて残念だよ。僕にとっては最高のシーズンではなかったし、これ以上を想像していた。今は、来シーズンに向けて出来る限り準備できるように行動する必要がある。僕たちはミスをしてしまったから、繰り返さないようにしないといけないんだ。来週、新しいタイヤを使って2日間のテストを行うから、それらがどんな動きをするのか興味深いよ」
[PR]
by f1-parcferme | 2010-11-15 07:42 | F1


<< F1&野球のストーブリーグ!内... 2010 F1 最終戦 チャン... >>